やまもと鍼灸整骨院

ブログ
blog

2019年11月08日 症状別

寝違いについて

寝違いについて

 

症状

朝起きた時、首が回らない、側屈ができない、屈曲伸展ができないといった経験をされていると思います。

多くは3日以内に痛みは消えますが、できるだけ早く痛みを取りたいとき、または頚椎に悪い状態の癖や歪みを残したくない方は、早期に来院されることをお勧めします。

原因

・慢性疲労、肩こり、筋肉内の血行障害

・不自然な状態で長時間寝ていた

・寝返りの時に首の筋肉に負担をかけすぎた

このような原因によって寝違えが起こると考えられます。

 

最後に

よく何でもかんでも揉めば治ると思い込んでマッサージに行かれる方もおられますが、あまり強くもんだりするとかえって痛くなり、悪化させることがあります。

痛みの場所、動きなどから、寝違いであると判断もできますが、他の病気の有無を鑑別するために検査が必要な場合もあります。

寝違えだから直ぐに痛みが取れると我慢されずに、早期に適切な処置をされることをお勧めします。

最後に

宝塚市のやまもと鍼灸整骨院では寝違えの痛みで悩んで来られる方に対して、丁寧なカウンセリングで、いま出ている症状や他の病気の有無まで、お身体の状態をしっかりと把握して根本原因を探り出します。

そして悩みの症状に対して、最適な施術で少しでも早く改善へと導き、毎日を快適に過ごしていただけるようにサポートいたします。

当日のご予約も可能ですので、肩こり・首こり・頭痛の施術をご検討中の方はお気軽にお電話ください。

どうぞご遠慮なく、是非一度お気軽にご相談ください。

完全予約制です。  ご来院の前にお電話でのご予約をお願いいたします。
やまもと鍼灸整骨院

ご予約・お問い合わせは
お気軽に