やまもと鍼灸整骨院

ブログ
blog

2019年11月08日 症状別

ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰は西洋では「魔女の一撃」と呼ばれており、医学的には腰椎捻挫、急性腰痛とも呼ばれています。

 

原因

一般的には、重い物を持ち上げようとしたり,急に座っている状態から立ち上がった時、洗面などで前かがみの姿勢をとっていて起き上がろうとしたり,急に体の向きを変えたりしたときに起こることが多い。

当院としては、他の原因として、臀筋・背筋・腸腰筋の筋肉疲労や筋力低下、または骨盤の歪み(仙腸関節)など、色々な要因があると考えます。

症状
ぎっくり腰になると、痛みにより、手を伸ばすことができない、足が前に出せない、歩けないといった辛い症状がでます。

またしっかりと治療して完治させておかないと、癖のようになり何回も繰り返す方も多いです。

治療

当院では1回目で痛みをとってもらいたい、仕事は休めないといわれる方が多く、早く確実に回復させるため、骨盤調整(AKA)・鍼治療により期待に応えてきました。

 

予防

またぎっくり腰を再発予防として、日常生活の注意点、筋肉の使い方、付け方も指導しております。

 

最後に

宝塚市のやまもと鍼灸整骨院は、ぎっくり腰にお困りの患者様をとても多く、責任をもって改善に取り組んできました。

丁寧なカウンセリングで症状やお身体の状態、ご要望などをお聞きして、悩みの症状に最適な施術プランをご提案いたします。

骨盤や足首に歪みがみられる場合には正しい位置に戻し、全身のバランスも整えなます。、
必要に応じて先進の医療機器を用いた施術も行ないます。

当院では再発防止のため日常生活の中に、動き方に筋力トレーニングを取り入れ、誰もが3日坊主にならないような単純で分かりやすく指導させていただいております。

当日のご予約も可能ですので、ぎっくり腰の施術をご検討中の方はお気軽にお電話ください。

完全予約制です。  ご来院の前にお電話でのご予約をお願いいたします。
やまもと鍼灸整骨院

ご予約・お問い合わせは
お気軽に